当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

世界的試験実施ルール 2017

競技規則の見直しスケジュールに従い、北半球は
2017年8月1日より南半球は2017年1月1日、ないしは、2018年1月1日(スクラムおよびタックル,・ラックのルール)より、試験実施を開始し、最初の1年間、継続される。

ダウンロード可能なコンテンツ

英語フランス語スペイン語日本語

世界的試験実施ルール – 定義

定義 – 保持

プレーヤーがボールを持っている(または、ボールをコントロールしようといている)、あるいは、チームがボールをコントロールしている場合をいう。例えば、スクラムやラックの片側にボールがある時、そのチームはボールを保持しているという。

競技規則第3条

3.6 プレーヤーの人数– チーム

退場、一時的退出、または、負傷によるアンコンテストスクラムは、両チーム8名ずつで行われなければならない。

競技規則第5条

5.7 (e) 試合時間

時間が経過した後、ペナルティキックを直接蹴り出した場合、ボールが投入され、次にボールがデッドになるまでプレーは続行する。

前半または後半を終わらせるためには、タッチに蹴りだす前にボールをタップキックしなければならない。

競技規則第8条

8.1 (a) アドバンテージ

同じチームによる複数の反則に対してアドバンテージが適用されていると き、レフリーは、反則をしなかった側のキャプテンに最も有利なペナルティの地点を選ばせる。

競技規則第9条

9.A.1 得点方法

ペナルティトライ:相手側の不正なプレーがなかったならば、ほぼ間違いなくトライが得られたものと認められた場合は、ペナルティトライが与えられる。コンバージョンは行わない。

得点: 7点

競技規則第15条

15.4 (c):タックル(修正)

タックラーはボールをプレーする前に立ち上がらなければならず、また、タックルゲートの自陣側からプレーしなければならない。

競技規則第16条

第16条: ラック (修正)

ラックは、少なくとも一人のプレーヤーが、両足で地面にある(または、タックルされたプレーヤーの上、タックラーの上にある)ボールをまたがって立つことで開始される。この時点で、オフサイドラインが形成される。両足で立ったプレーヤーは、すぐに行う限り、ボールを拾うことが許される。敵のプレーヤーが到着した瞬間、手の使用はできなくなる。

16.4 : ラック その他の反則

プレーヤーはラックの中のボールを蹴り出してはならない。
罰則:ペナルティキック

プレーヤーはボールを自陣に向けて後ろ向きにかくことのみ許される。

競技規則第18条

第18条 定義 マーク

マークをコールするプレーヤーは片足または両足が22mライン上もしくは22mラインより後になければならず、22mラインの立平面を通り過ぎたボールをキャッチしなければならない。

競技規則第19条

Law 19 定義 タッチ

ボールがキャッチされたときにタッチ上の立平面に達している場合、ボールをキャッチしたプレーヤーはボールをタッチに出したとはみなされない。


ボールがキャッチされた、または、拾い上げられたときにタッチ上の立平面に達していない場合、ボールが動いていても止まっていても、ボールをキャッチしたプレーヤーはボールをタッチに出したとみなされる。ボールが動いているか、止まっているかは問題ではない。

プレーヤーが競技区域から跳び上がり、タッチ、または、タッチインゴールに着地する前に、ボールを競技区域へ跳ね返した(または、そのプレーヤーがボールを捕り競技区域へ投げ戻した)場合は、ボールがタッチ上の立平面に達してもしなくても、プレーは続行する。

19.1(c) 地域獲得が得られない場合

片足または両足が22mライン上もしくは22mラインより後にあるプレーヤーが、22mラインより前にあるボールを拾い上げた、もしくはキャッチして直接タッチにキックした場合、22mラインの内側へ戻したことになり、地域獲得は得られない 。

19.1(e)を削除し、後に続く段落を適宜、記し直す

競技規則第20条

20.5 スクラムへのボールの投入

レフリーからの合図は無い。

スクラムは安定させなければならず、ボールが用意できたら、遅延があってはならない。

20.6 (d) スクラムハーフによるボールの投入

スクラムハーフは、まっすぐにボールを投入しなければならないが、スクラム中央の線に、自分の肩を合わせてよい、すなわち、スクラムハーフは、スクラム中央の線から自分の肩の分、自陣よりに立つことが許される。

第20条 スローイン後に足でボールに触れること

ボールがトンネル内の地面に触れた後は、双方のフロントローはボールを獲得するために、いずれの足を使ってもよい。ボールを投入するチームの一人は、ボールを取りに足を掻かなければならない。

罰則: フリーキック

20.9 (b) スクラムで手を使う行為– 例外

ナンバーエイトは、セカンドローの足の下にあるボールを拾ってよい。

競技規則第22条

22.9 (b) インゴール内の防御側プレーヤー

片足または両足がゴールライン上または後にあるプレーヤーが、フィールドオブプレーの中からボールを拾い上げた、もしくは、ゴールライの前にあるボールをキャッチした場合、このプレーヤーはボールをインゴールに持ち込んだとみなされる。

22.9(c)を削除し、後に続く段落を適宜、記し直す。

22.9 (d)インゴール内の防御側プレーヤー

片足または両足がデッドボールライン上もしくは後にあるプレーヤーが、デッドボールライン、または、タッチインゴールラインに到達していないボールを拾い上げた、もしくは、キャッチした場合、このプレーヤーがボールをデッドにしたことになる。

22.9(e)を削除。