当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

競技規則2018年版は現在制作中です。

競技規則は、2018年版からシンプルになり、再編されました。ワールドラグビーは、この新しい内容を様々な言語で展開していく予定です。選択された言語は、残念ながらまだ用意できていません。しばらくの間、2017年版の競技規則サイトをご覧ください。

競技規則2017年版を見る

17 マーク

    原則

    相手側がキックしたボールを直接キャッチすることによって、プレーヤーの自陣22メートル区域内でプレーを止める方法。

    マークを行う

  1. マークを行うためには、プレーヤーは以下のことをしなくてはならない:
    1. ボールをキャッチする、あるいは、空中でキャッチして着地する時、少なくとも片方の足を、自陣22メートルライン上、または、その後方に置いておく; そして、
    2. 相手側がキックしたボールを、地面、または、他のプレーヤーに触れる前に直接キャッチする;そして、
    3. 同時に「マーク」と叫ぶ。
  2. ボールが、キャッチの前にゴールポスト、または、クロスバーに当たっても、マークを行うことができる。
  3. マークが正しくコールされたら、レフリーはただちに競技を止め、ボールを保持しているチームにフリーキックを与える。
  4. キックオフ、または、得点後の試合再開のキックから、マークを行うことはできない。
  5. マーク後の試合再開

  6. マークを行ったプレーヤーが、フリーキックを行う(第20条に従って)。
  7. そのプレーヤーが1分以内にフリーキックを行うことができない場合、ボールを保持しているチームにスクラムが与えられる。
  8. フリーキックは、以下の位置で行われる:
  9. マークの地点フリーキックの位置
    22メートル区域内マークの地点であるが、ゴールラインから少なくとも5メートル離れ、マークの位置と一直線上。
    インゴール内マークの位置と一直線上の5メートルライン上