当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

定義
「グラウンド The Ground」とは、図に示された全区域をいう。これには、以下のものが含まれる。
「フィールドオブプレー The Field-of-Play」とは、(図に示したように)ゴールラインとタッチラインに囲まれた区域をいう。ただしゴールラインとタッチラインは含まない。
「競技区域 The Playing Area」とは、(図に示したように)フィールドオブプレーとインゴールをいう。タッチライン、タッチインゴールライン、およびデッドボールラインは含まない。
「競技場 The Playing Enclosure」とは、競技区域と、実際に可能であれば少なくとも5メートルのその周辺区域をいう。
「インゴール In-goal」とは、ゴールライン、タッチインゴールラインおよびデッドボールラインに囲まれた区域をいう。ゴールラインはインゴールに含まれるが、デッドボールラインとタッチインゴールラインはインゴールではない。
「22メートル区域 The 22」とは、ゴールラインと22メートルラインの間の区域をいう。22メートルラインはこの区域に含まれるが、ゴールラインは含まれない。
「図 The Plan」は、図中のすべての字句および数字と共に、規則の一部である。
1.1 競技場の表面
(a)
必要条件: 表面は常に競技を行うのに安全なものでなければならない。
(b)
表面の種類: 表面は草で覆われているものが望ましいが、土、砂、雪、または人工芝でもよい。ただし、雪の場合、雪の下が競技を行うのに安全なものでなければならない。コンクリートやアスファルトのような常時固い表面であってはならない。人工芝の場合には、ワールドラグビー競技に関する規定第22条に適合したものに限る。
1.2 競技場に必要な寸法
(a)
寸法: フィールドオブプレーは、長さ100メートルを超えない。両インゴールとも、長さ22メートルを超えない。競技区域は、幅70メートルを超えない。

(b)

競技区域の幅および長さは、できるだけ上記寸法に近づける。区画はすべて長方形である。

(c)

ゴールラインとデッドボールラインとの距離は、実際に可能であれば少なくとも10メートル以上とる。

(d)

以下の場合:

(i) 一つの協会のシニアの代表チームまたはそのすぐ下のシニアの代表チームと、別の協会のシニアの代表チームまたはそのすぐ下のシニアの代表チームによる試合。および、

(ii) 7人制の国際試合

グラウンドの寸法は、最大寸法にできるだけ近づけ、フィールドオブプレーは、長さ94メートル、幅68メートル未満にならないようにする。また、インゴールの長さは、最低6メートル以上あること。グラウンドの最低寸法または最大寸法を変更したい協会は、ワールドラグビーに特別免除の申請を行うこと。

(e)

周辺区域は、可能な限り、5メートル未満にならないようにする。

1.3 競技場の線

(a)

実線

デッドボールラインとタッチインゴールライン。両方とも、インゴールではない。

ゴールライン。インゴールに含まれるが、フィールドオブプレーには含まれない。

22メートルライン。ゴールラインと平行に引く。

ハーフウェイライン。ゴールラインと平行に引く。

タッチライン。フィールドオブプレーには含まれない。

(b)

線分

実線を除くすべての線を長さ5メートルの線分とする。

ハーフウェイラインの両側10メートルの地点に水平な線分をそれぞれ引く。これらの線分が10メートルラインである。10メートルライン上の線分は、各サイドのタッチラインから5メートルと15メートルの地点に引かれた水平な線分と交差する。

各タッチラインから5メートルの地点に水平な線分をそれぞれ引く。これらの線分は、両側のゴールラインから5メートルの地点に水平に引かれた線分から引き始め、両側の22メートルライン、10メートルライン、および、ハーフウェイラインと交差する。これらの線分が5メートルラインである。

各タッチラインから15メートルの地点に水平な線分をそれぞれ引く。これらの線分は、両側のゴールラインから5メートルの地点に水平に引かれた線分から引き始め、両側の22メートルライン、10メートルライン、および、ハーフウェイラインと交差する。これらの線分が15メートルラインである。

各ゴールラインから5メートルの地点に水平に引かれた線分は、全部で6つである。両側の各タッチラインから5メートルと15メートルの地点の真ん中にそれぞれ1つずつ、残りの2つの線分は、ゴールポストの前に引き、その2つの線分の間隔が5メートルとなるようにする。

(c)

中央

ハーフウェイラインの中央を交差する、長さ0.5メートルの線を1本引く。

1.4 ゴールポストとクロスバーの寸法

ゴールポスト

(a)

ゴールポストの間隔は、5.6メートルである。

(b)

クロスバーは地面から上端部まで高さ3メートルとなるよう、ゴールポストの間に設ける。

(c)

ゴールポストの高さは、地面から3.4メートル以上である。

(d)

ゴールポストにパッドを取り付ける場合、パッドの外側がゴールラインから300mmを超えてはならない。

1.5 フラッグポスト

(a)

フラッグポストは、地面から1.2メートル以上の高さで、総数14本ある。

(b)

8本のフラッグポストを、タッチインゴールラインとゴールラインの交点、タッチインゴールラインとデッドボールラインの交点に立てなければならない。これら8本は、インゴールには含まれず、競技区域にも含まれない。

(c)

6本のフラッグポストを、22メートルラインとハーフウェイラインに対向する、タッチラインの外2メートルの、競技場内の地点に立てなければならない。

1.6 グラウンドに関する異議

(a)

いずれのチームもグラウンド、またはその表示について異議ある場合には、試合開始前にレフリーに申し出なければならない。

(b)

レフリーは、その問題を解決しようと努めるが、グラウンドのどの箇所であれ、危険だとみなされる場合には、試合を開始してはならない。