当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

タッチ
定義

「キックが直接タッチになる」とは、キックされたボールが、競技区域内に着地せず、プレーヤー、レフリーのいずれにも触れることなくタッチになることをいう。

「22メートル区域」とは、22メートルラインとゴールラインの間の区域をいう。ただし、22メートルラインは含むが、ゴールラインは含まない。

「ラインオブタッチ」とは、ラインアウトにおいて、ボールが投げ入れられる地点を通りタッチラインと直角をなす、フィールドオブプレー内に想定された線をいう。

プレーヤーがボールを持っていない場合、ボールが、タッチライン、タッチラインの外側の地面、タッチラインの外側にある物、あるいは人のいずれかに触れた場合、そのボールはタッチである。

プレーヤーがボールを持っている場合、ボールまたはボールキャリアーが、タッチライン、あるいはタッチラインの外側の地面に触れた場合、そのボールはタッチである。タッチになった地点とは、ボールあるいはボールキャリアーが、タッチラインに触れた、あるいはタッチラインを横切った地点をいう。

プレーヤーが、片足でもタッチライン上あるいはタッチラインの外の地面においてボールを捕った場合、そのボールはタッチである。ボールキャリアーが、片足をフィールドオブプレーに、片足をタッチに置いている場合、そのボールはタッチである。

試験実施ルール

このとき、ボールがキャッチされたときにタッチ上の立平面に達している場合、ボールをキャッチしたプレーヤーはボールをタッチに出したとはみなされない。ボールがキャッチされた、または、拾い上げられたときにタッチ上の立平面に達していない場合、ボールが動いていても止まっていても、ボールをキャッチしたプレーヤーはボールをタッチに出したとみなされる。

両足が競技区域にあるプレーヤーがボールを受けたときは、たとえその直前にボールがタッチラインまたはタッチインゴールラインを横切ってもタッチまたはタッチインゴールにはならない。このようなプレーヤーはボールを競技区域にノックしてもよい。

試験実施ルール

プレーヤーが競技区域から跳び上がり、タッチ、または、タッチインゴールに着地する前に、ボールを競技区域へ跳ね返した(または、そのプレーヤーがボールを捕り競技区域へ投げ戻した)場合は、ボールがタッチ上の立平面に達してもしなくても、プレーは続行する。

ボールがタッチライン上の立平面を越えていないときは、タッチにあるプレーヤーがボールをキックあるいはノックしてもタッチにはならないが、ボールをつかんだときはタッチとなる。タッチライン上の立平面とは、タッチラインの上に想定された垂直な平面である。

試験実施ルール

ボールを支配しようとしているプレーヤーは、ボールを保持しているとみなされる。

試験実施ルール

ボールキャリアがタッチ上の立平面に達したが先にタッチに出ることなく競技区域にボールを戻した場合、プレーは続行する。

19.1 投入場所

地域獲得が得られない場合

(a)
キッカー側の22メートル区域およびインゴール以外からキックしたボールが直接タッチになったとき: ペナルティキックを除き、キッカー側の22メートル区域およびインゴール以外からキックしたボールが直接タッチになったとき、地域獲得は得られない。ボールを投入する地点は、キックされた地点の対向点か、ボールがタッチになった地点のうち、キッカー側のゴールラインに近い地点である。
(b)
チームがボールを自陣の22メートル区域内に戻した場合: 防御側のプレーヤーが22メートル区域外でボールをプレーし、相手側のプレーヤーに接触することなく22メートル区域またはインゴールエリアにボールが入り、相手側のプレーヤーに触れるか、タックルが行われるか、ラックまたはモールが形成されることもなく、そのプレーヤーまたは味方のプレーヤーがボールを直接タッチにキックした場合、地域獲得は得られない。これは、防御側のプレーヤーが22メートルラインの後方に戻ってクイックスローインを行い、ボールを直接タッチへキックした場合にも適用される。123

(c)

片足または両足が22メートルラインの内側にあるプレーヤーが、22メートルラインの外側で止まっているボールを拾い上げて直接タッチにキックした場合、ボールを22メートルラインの内側へ戻したことになり、地域獲得は得られない。

(d)
防御側のチームがスクラムまたはラインアウトからボールを自陣の22メートル区域に持ち込んだ場合: 防御側のチームが自陣の22メートル区域外でスクラムまたはラインアウトにボールをスローインし、その後ボールが相手側のプレーヤーに触れずに自陣の22メートル区域内に戻され、そのボールが相手側のプレーヤーに触れるか、タックルが行われるか、ラックまたはモールが形成されることなく、防御側のチームがボールを直接タッチにキックした場合、地域獲得は得られない。

地域獲得が得られない場合

地域獲得が得られる場合

(e)

片足または両足が22メートルラインの内側にあるプレーヤーが、22メートルラインの外側で動いているボールを拾い上げ、22メートル区域内から直接タッチになった場合、地域獲得が得られる。ボールを投入する地点はボールがタッチになった地点である。

(f)
プレーヤーがボールを自陣の22メートル区域に持ち込んだ場合: 防御側のプレーヤーが22メートル区域外でボールをプレーし、ボールが22メートル区域またはゴールエリアに入り、相手側のプレーヤーに接触するか、タックルが発生するか、ラックまたはモールが形成され、その後防御側のチームがボールをキックして直接タッチになった場合、スローインはボールがタッチになった地点で行われる。
(g)
ボールが相手側のプレーヤーによって自陣の22メートル区域に戻された場合: 22メートルラインを越える前に、ボールが防御側のチームのプレーヤーに触れる(または触れられる)ことなく、相手側のプレーヤーによって22メートル区域に戻され、その後防御側のチームがボールをキックしてタッチになった場合、スローインはボールがタッチになった地点で行われる。
(h)
直接タッチにならなかったキック: 競技区域内のいずれの場所からでも、キックされたボールがフィールドオブプレーでバウンドした後、タッチになったとき、地域獲得は得られる。ボールを投入する地点はボールがタッチになった地点である。

競技区域内のいずれの場所からでも、キックされたボールが、相手側プレーヤーに触れるか、または触れられた後、フィールドオブプレーでバウンドして、タッチになったとき、地域獲得は得られる。ボールを投入する地点はボールがタッチになった地点である。

競技区域内のいずれの場所からでも、キックされたボールが、相手側プレーヤーに触れるか、または触れられた後に、直接タッチになったとき、地域獲得は得られる。ボールを投入する地点は、相手側プレーヤーがボールに触れた地点またはボールがタッチラインを交差した地点のうち、相手側のゴールラインに近い地点である。

地域獲得が得られる場合

ペナルティキックからの場合

(i)
ペナルティキック。 競技区域内のいずれの場所からでも、ペナルティキックがタッチになったとき、地域獲得が得られる。ボールを投入する地点はボールがタッチになった地点である。

フリーキックからの場合

(j)
キッカー側の22メートル区域およびインゴール以外で与えられたフリーキックが直接タッチになったとき、地域獲得は得られない。 ボールを投入する地点は、キックされた地点の対向点か、ボールがタッチになった地点のうち、キッカー側のゴールラインに近い地点である。
(k)
キッカー側の22メートル区域あるいはインゴールで与えられたフリーキックが直接タッチになったとき、地域獲得は得られる。 ボールを投入する地点は、ボールがタッチになった地点である。

タッチとボールを投げ入れる地点

19.2 クイックスローイン

(a)

プレーヤーは、ラインアウトの形成を待たずに、クイックスローインをすることができる。

(b)

プレーヤーは、ボールがラインアウトのスローインが行われる地点とそのプレーヤー側のゴールラインとの間のフィールドオブプレーの外側からであれば、どこからでもボールを投げ入れることができる。

(c)

プレーヤーは、ラインアウト形成後にクイックスローインをすることはできない。その場合には、クイックスローインは認められず、改めてラインアウトを行い、同じチームがボールを投げ入れる。

(d)

クイックスローインでは、タッチに出たボールを使わなくてはならない。投げ入れるプレーヤーとそのボールをタッチに出した相手プレーヤー以外の者がボールに触れたときには、クイックスローインは認めらない。同じチームがラインアウトにボールを投入する。

(e)

以下のようなときは、正しくないクイックスローインである:

  • ボールが相手側のゴールラインの方へ投げられた、または、
  • ボールが、形成されるラインアウトのラインオブタッチよりも相手ゴールライン寄りから投げられた、または、
  • ボールがゴールライン上、または、その後方へ投げられた、または、
  • 5メートルラインに届く前に、地面またはプレーヤーに触れた、または、
  • スローワーがボールを投げるときにフィールドオブプレー内に入っていた。

相手側は、以下のどちらかの方法で投げ入れることを選択できる:

  • クイックスローが行われた地点でのラインアウト、または、その場所の15メートルライン上でのスクラム。

相手側もまた、ラインアウトにおいてボールを正しく投げ入れなかった場合、15メートルライン上でのスクラムが行われる。最初にボールを投げ入れた側のチームが、そのスクラムでボールを投入する。

(f)

クイックスローインにおいて、プレーヤーはボールをラインオブタッチに沿って平行か、または自陣のゴールラインの方向に投げることができる。

(g)

クイックスローインでは、プレーヤーはラインオブタッチに来て、その位置から反則とならずに離れることができる。

(h)

クイックスローインでは、いずれのプレーヤーもボールが5メートル投げ入れられることを妨げてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(i)

タッチに押し出されたボールキャリアーはプレーヤーがクイックスローインをできるように、ボールを放さなけれならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

クイックスローイン

19.3 上記以外の投入場所

上記以外はすべて、ボールがタッチになった地点で行われる。

19.4 投げ入れる側

(a)

ボールがタッチになる前に最後にボールを持っていたかまたはボールに触れたプレーヤーの相手側がボールを投げ入れる。いずれの側が投げ入れるべきか疑わしい場合には、攻撃側が投入する。

例外:ペナルティキックからボールがタッチに蹴り出された場合は、ペナルティキックをした側のプレーヤーがボールを投げ入れる。これは、キックされたボールが直接タッチになったか否かにかかわらず適用される。

(b)

ボールが、ノックオンまたはスローフォワードによりタッチに出た場合、反則をしなかった側に、ボールがタッチラインを越えた地点でのラインアウト、または、ノックオンあるいはスローフォワードが起きた場所でのスクラム、または、クイックスローインの選択肢が与えられる。

19.5 片足がタッチにあるプレーヤー

(a)

片足または両足がタッチライン(またはタッチインゴールライン) の上または外側にあるプレーヤーが、競技区域内で止まっているボールを拾い上げた場合、競技区域内でボールを拾い上げたことになり、ボールをタッチ( またはタッチインゴール)に持ち込んだことになる。

(b)

片足または両足がタッチライン(またはタッチインゴールライン) の上または外側にあるプレーヤーが、競技区域内で動いているボールを拾い上げた場合、タッチ(またはタッチインゴール)にいてボールを拾い上げたものとみなされる。

19.6 ボールの正しい投入

ボールを投入するプレーヤーは、正しい位置に立って、また、フィールドオブプレーに足を踏み入れずに投げ入れなければならない。ボールはラインオブタッチ上真直ぐに、タッチラインから少なくとも5メートルの地点で最初に地面に触れるか、またはプレーヤーに触れるか、触れられるように投げ入れなければならない。

ボールの投げ入れ方法

19.7 正しくない投入

(a)

正しく投げ入れなかったときは、相手側は、ラインアウトでボールを投入するか、15メートルライン上の地点でスクラムを組むかの選択をすることができる。ラインアウトを選択し、2度目もボールが正しく投げ入れられなかったときは、スクラムを組み、ラインアウトにおいて最初に投入した側がボールを入れる。

(b)

ボールは、遅滞なく、また投げ入れるふりをすることなく、投げ入れなければならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(c)

プレーヤーは、故意にまたは繰り返しボールを曲げて投げ入れてはならない

罰:15メートルライン上でペナルティキック

ラインアウト
定義

ラインアウトの目的は、ボールがタッチになった後、2列に並んだプレーヤーの間にボールを投入することによって、早く、安全に、公平に試合を再開することである。

ラインアウトプレーヤー(Line-out players):ラインアウトプレーヤーとは、ラインアウトに2列に並んでいるすべてのプレーヤーをいう。
レシーバー(Receiver):レシーバーとは、ラインアウトからボールがパスあるいはノックバックされたときにそれを捕る位置にいるプレーヤーをいう。どのプレーヤーもレシーバーになれるが、それぞれのチームは1回のラインアウトで1人のレシーバーしか置くことができない。
ラインアウトに参加しているプレーヤー(Players taking part in the line-out):ラインアウトに参加しているプレーヤーとは、ボールを投入するプレーヤー、ボールを投入する相手側のプレーヤー、2名のレシーバー、およびラインアウトプレーヤー、をいう。
その他のすべてのプレーヤー(All other players):ラインアウトに参加していないプレーヤーは、ラインアウトが終了するまで、ラインオブタッチから少なくとも10メートルあるいは味方のゴールラインのうち、いずれか近い方の後方に、いなくてはならない。
15メートルライン(15-metre line):15メートルラインとは、タッチラインに平行で、フィールドに向って15メートルにある線をいう。
ラインアウト後のスクラム(Scrum after line-out):ラインアウトで反則あるいは競技の停止があったためにスクラムが命じられる場合、そのスクラムはラインオブタッチと15メートルラインの交わる地点で組む。
19.8 ラインアウトの形成

ラインアウト

(a)
少なくとも双方のチームから2人のプレーヤーがラインアウトを形成しなくてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(b)
ボールを投入する側が、ラインアウトに並ぶ最大の人数を決定する。

(c)

ボールを投入する相手側のチームのラインアウトプレーヤーは、ボールを投入する側のラインアウトプレーヤーより少なくてもよいが、多くてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(d)

ボールがタッチになったとき、ラインオブタッチに近づくプレーヤーはすべて、ラインアウトを形成するために近づくものとみなされる。ラインアウトに近づくプレーヤーは遅滞なくラインアウトに近づかなければならない。どちらの側のプレーヤーも一度ラインアウト内の位置につけば、ラインアウトが終了するまで離れてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(e)

ボールを投入する側が正常な人数より少ない人数で並んだ場合は、相手側に、それに応じてプレーヤーがラインアウトから離れるための適当な時間を与えなければならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(f)

ラインアウトから離れるプレーヤーは、遅滞なく、ラインアウトから10メートル後方のオフサイドラインまで下がらなくてはならない。オフサイドラインに下がる途中にラインアウトが終了したときは、そのプレーヤーはプレーに参加することができる。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(g)
故意にラインアウトの形成を遅らせてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(h)
ラインアウトプレーヤーの立つ位置: 先頭のラインアウトプレーヤーは、タッチラインから5メートル以内に立ってはならない。最後尾のラインアウトプレーヤーの立つ位置は、タッチラインから15メートルを越えてはならない。その他のラインアウトプレーヤーは、この2点の間に立たなくてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(i)
レシーバーの立つ位置: レシーバーを用いる場合、そのプレーヤーは、ラインアウトが始まるまで、ラインアウトに参加している味方プレーヤーから少なくとも2メートル後ろ、かつ、5メートルラインと15メートルラインの間に位置していなければならない。

ラインアウトが開始されたら、レシーバーはラインアウトに入っていき、ラインアウトに参加しているプレーヤーに認められている行為を行ってよい。ただし、関連する罰も適用される。

: 15メートルライン上、ラインオブタッチに沿った位置のフリーキック

(j)
タッチと5メートルラインの間にいるプレーヤー: ボールを投入する側でないチームのプレーヤーは、ラインアウトが形成されるとき、自チームの側のタッチオブラインと5メートルラインの間にプレーヤーを1名置かなければならない。このプレーヤーは、 ラインオブタッチから2メートル離れ、 また、5メートルラインから2メートル離れて立たなくてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(k)

ラインアウトに参加するプレーヤーは、ボールが投入される前に、位置を移動することができる。

(l)
双方のラインアウトプレーヤーは、タッチラインに垂直な、平行した2列を形成しなくてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(m)

双方のラインアウトプレーヤーは、内側の肩と肩の間にはっきりとした間隔を空けておかなければならない。その間隔は、プレーヤーが直立した状態で決定される。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(n)
1メートルギャップ: 双方のラインアウトプレーヤーの列は、ラインオブタッチから50センチメートル離れていなければならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(o)

ラインオブタッチは、ゴールラインから5メートル以内にあってはならない。

(p)

ラインアウトが形成されてボールが投入される前に、プレーヤーは相手をつかんだり、押したり、チャージしたり、妨害したりしてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

19.9 ラインアウトの開始と終了
(a)
開始: ラインアウトは、ボールを投入するプレーヤーの手からボールが離れたときに開始する。
(b)
終了: ラインアウトは、ボールあるいはボールキャリアーがラインアウトを離れた時に終了する。1234

これには次の場合を含む:

  • ボールがラインアウトからパス、ノックバック、またはキックされたとき。
  • ボールまたはボールキャリアーが5メートルラインとタッチラインの間の区域に移動したとき。
  • ラインアウトプレーヤーが、ビールオフをするプレーヤーにボールを手渡したとき。
  • ボールが15メートルラインを越えて投げ入れられたとき、またはプレーヤーがボールを持って15メートルラインを越えたとき。
  • ラインアウトにおいてラックまたはモールが形成され、ラックまたはモールに参加しているプレーヤーのすべての足が、ラインオブタッチを越えて移動したとき。
  • また、ボールがラインアウト内でアンプレアブルになったとき、ラインアウトは終了し、スクラムによって再開される。
19.10 ラインアウトにおける選択肢
(a)
ラインアウトプレーヤーは、ボールに向かって跳び上がるために相手のプレーヤーを支えにしてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(b)
ラインアウトプレーヤーは、ラックあるいはモールが形成された場合を除き、ボールを持っていない相手側のプレーヤーを捕らえたり、押したり、チャージしたり、妨害したりつかんだりしてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(c)
ラインアウトプレーヤーは、タックルしようとするときおよびボールをプレーしようとするときを除き、相手プレーヤーをチャージしてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(d)
リフティングおよびサポート: プレーヤーがリフティングおよびサポート、またはいずれか一方を行う場合、ジャンプするプレーヤーの後方からはパンツより下を、正面からは太腿より下をサポートしない限り、ボールに向かってジャンプする味方のプレーヤーを持ち上げたり、サポートしたりすることができる。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(e)
プレグリップを認める: プレーヤーがボールに向かってジャンプする味方のプレーヤーを持ち上げるか、またはサポートする場合、ジャンプするプレーヤーの後方からはパンツよりも下を、正面からは太腿より下をプレグリップしない限り、プレグリップすることができる。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(f)
ボール投入前のジャンプ、サポート、またはリフティング: プレーヤーは、ボールを投入するプレーヤーの手からボールが離れる前に、ジャンプ、リフティング、またはサポートを行ってはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(g)
プレーヤーを地上におろす: 跳び上がる味方プレーヤーをサポートするプレーヤーは、どちらかの側のプレーヤーがボールを獲得したらすぐに、そのプレーヤーをおろさなくてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(h)
ラインアウトプレーヤーはタッチラインから5メートルより近い地点に立ってはならない。いかなるプレーヤーも、スローインを妨害したり、ボールが5メートル投げ入れられることを妨げたりしてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(i)

ラインアウトプレーヤーは、ボールがそのプレーヤーを越えて投げられたときに、タッチラインと5メートルラインの間へ動いてもよい。その場合、ピールオフをするとき以外は、ラインアウトが終了するまで味方のゴールラインの方向に向かって動いてはならない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(j)
ボールに向かって跳び上がるプレーヤーは、ボールを捕ろうとする、あるいは ノックバックしようとするためには、両手か内側の腕を用いなければらない。ジャンパーは外側の腕だけ使ってボールを捕ろうとしたり、ノックバックしようとしてはならない。ただし、プレーヤーが両手を頭上に上げてプレーする場合には、どちらの手を用いてもかまわない。

罰:15メートルライン上でフリーキック

(k)
ラインアウトにおける防御: ラインアウトにおいて飛び上がってボールを獲得したプレーヤーは、着地したとたんにタックルされる場合がある。

ラインアウトにおいて、飛び上がることなくボールを獲得したプレーヤーは、すぐさまタックルされる場合がある。

どちらの場合も、こうした行為は、モールが形成される前でなければならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

19.11 ボールを投げ入れるプレーヤー

ボールを投げ入れるプレーヤーは、次の4つのいずれかを選択しなくてはならない。

(a)

タッチラインから5メートル以内にとどまる。

(b)

ラインオブタッチの後方10メートルのオフサイドラインの後方に退く。

(c)

ボールが投げられた後、直ちにそのラインアウトに加わる。

(d)

レシーバーの位置に動く。ただしこれは、他のプレーヤーがレシーバーの位置にいない場合に限る。これら以外の位置への移動は、オフサイドとなる。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

19.12 ピールオフ

定義

ピールオフとは、味方のラインアウトプレーヤーによってボールがパスまたはノックバックされるとき、プレーヤーがそのボールを受けようとしてラインアウトから離れることである。

(a)
ボールが投げ入れるプレーヤーの手を離れるまでピールオフを始めてはならない。

罰:ラインオブタッチに沿いタッチラインから15メートルの地点においてフリーキック

(b)

ピールオフをするプレーヤーは、ラインアウトが終了するまで、ラインオブタッチとラインオブタッチから10メートルまでの間の区域内で動き続けなければならない。

罰:ラインオブタッチに沿いタッチラインから15メートルの地点においてフリーキック

(c)

ボールが投げ入れられる前であれば、ポジションを変えてもよい。

19.13 ラインアウトにおけるオフサイドライン

(a)

ラインアウトにおいては、双方、ゴールラインに平行な2種類のオフサイドラインがある。

(b)
ラインアウトに参加しているプレーヤー: 1つは、ラインアウトに参加しているプレーヤー(通常は、フォワードの全員か数人、スクラムハーフ、およびボールを投げ入れるプレーヤー)にとってのオフサイドラインである。ボールが投げ入れられ、プレーヤーまたは地面に触れるまでは、ラインオブタッチがオフサイドラインであり、プレーヤーまたは地面に触れた後は、ボールを通りゴールラインに平行な線がオフサイドラインである。
(c)
ラインアウトに参加していないプレーヤー: もう1つは、ラインアウトに参加していないプレーヤー(通常は、バックス)にとってのオフサイドラインである。ラインオブタッチの後方10メートルでゴールラインに平行な線あるいは味方のゴールラインのうち、いずれかラインオブタッチに近い方の線が、オフサイドラインである。
19.14 ラインアウトに参加しているプレーヤーのオフサイド
(a)
ボールがプレーヤーまたは地面に触れる前: プレーヤーはラインオブタッチを踏み越えてはならない。ボールがプレーヤーか地面に触れる前にラインオブタッチを踏み越えたプレーヤーは、オフサイドとなる。ただし、ボールを捕ろうと、ラインオブタッチの自陣側から跳び上がる場合を除く。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(b)

ボールを捕ろうとして跳び上がったが、ボールを捕れずにラインオブタッチを越えてしまったプレーヤーは、すぐにオンサイドの位置に戻れば罰せられない。

ボールに向かって跳び上がる場合、どの方向に向かってステップしてもよいが、ラインオブタッチを越えてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(c)
ボールがプレーヤーまたは地面に触れた後: 相手側のプレーヤーをタックルするまたはタックルしようとする場合を除き、ボールがプレーヤーまたは地面に触れた後に、ボールを持っていないプレーヤーが、ボールより前方に踏み出したとき、そのプレーヤーはオフサイドである。このようにタックルあるいはタックルしようとする行為は、ボールの位置より味方の側からしなければならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(d)

レフリーは、プレーヤーが、故意であるか否かにかかわらず、ボールを獲得しようとするか相手をタックルしようとせずに、オフサイドの位置に動いた場合には、ペナルティを科さなくてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(e)

ラインアウトに参加しているいずれの側のプレーヤーも、ラインアウトが終了するまでラインアウトから離れてはならない。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

(f)
ロングスローイン: ボールを投入するプレーヤーが15メートルラインを越えてボールを投げ入れる場合、ラインアウトに参加しているプレーヤーは、ボールが投げ入れるプレーヤーの手を離れたら直ちに、15メートルラインを越えて動くことができる。

この場合、相手側プレーヤーも動くことができる。ロングスローインされるボールを取ろうとして動いたが、ボールが15メートルラインを越えて投げ入れられなかった場合、そのプレーヤーはオフサイドとなり、罰せられる。

罰: 15メートル上でペナルティキック。

(g)
ラインアウトからのラックおよびモール: ラインアウトでラックまたはモールが形成された場合、ラインアウトに参加しているプレーヤーにとってのオフサイドラインは、ボールの線ではなくなり、ラックまたはモールに参加している味方の最後尾の足を通る線である。

(h)

ラインアウトは、ラックまたはモールがラインオブタッチを越えて移動したら終了する。すなわち、ラックまたはモールに参加しているプレーヤー全員のすべての足がラインオブタッチを越えて移動したら、終了する。

(i)

ラインアウトに参加しているプレーヤーは、ラックもしくはモールに参加する、またはオフサイドラインまで下がってそこにとどまる、のいずれかをしなければならない。これに反するとき、そのプレーヤーはオフサイドとなる

罰:15メートルライン上でペナルティキック。

(j)

上記以外は、ラックおよびモールの規定を適用する。プレーヤーは相手側からラックまたはモールに加わってはならない。

罰:ペナルティキック

(k)

プレーヤーが、オフサイドラインの前からラックまたはモールに加わった場合、そのプレーヤーはオフサイドとなる。

罰:15メートルライン上でペナルティキック

19.15 ラインアウトに参加していないプレーヤーのオフサイド

(a)

ラインアウトが終了する前に、ラインアウトに参加していないプレーヤーがオフサイドラインを踏み越えた場合、そのプレーヤーはオフサイドとなる。

罰:反則したチームのオフサイドライン上、反則した場所に相対した地点においてペナルティキック。ただし、少なくともタッチラインから15メートルの地点においてペナルティキック。

(b)
ボールが投げ入れられた時点でオンサイドではないプレーヤー: ボールを投げ入れるプレーヤーは、味方のプレーヤーがオフサイドラインまで下がる前に、ボールを投げ入れてもよい。ただし、すみやかにオンサイドの位置まで下がろうとしないプレーヤーは、オフサイドとなる。

罰:反則したチームのオフサイドライン上、反則した場所に相対した地点においてペナルティキック。ただし、少なくともタッチラインから15メートルの地点においてペナルティキック。

(c)
ロングスローイン: ボールを投入するプレーヤーが、15メートルラインを越えてボールを投げ入れる場合、同じチームのプレーヤーは、ボールが投げ入れるプレーヤーの手を離れたら直ちに前進することができる。ボールを投入する側のプレーヤーが前進した場合は、相手側プレーヤーも前進してよい。ロングスローインされるボールを取ろうとして前進したが、ボールが15メートルラインを越えて投げ入れられなかった場合、そのプレーヤーは、オフサイドとなり、罰せられる。

罰:反則したチームのオフサイドライン上、反則した揚所に相対した地点においペナルティキック。ただし、少なくともタッチラインから15メートルの地点においてペナルティキック。

(d)
ラインアウトからのラックおよびモール: ラインアウトでラックまたはモールが形成された場合、ラックまたはモールに参加しているすべてのプレーヤーの足が、ラインオブタッチを越えて移動したとき、ラインアウトは終了する。

ラインアウトが終了するまで、オフサイドラインは、ラインオブタッチの後方10メートルまたは味方のゴールラインのうち、いずれか近い方の線である。オフサイドラインを踏み越えたプレーヤーは、オフサイドとなる。

罰:反則したチームのオフサイドライン上、タッチラインから少なくとも15メートルの地点においてペナルティキック。12