当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

定義
A
アシスタントレフリー Assistant Referee: 第6条「マッチオフィシャル」を参照
アドバンテージAdvantage: 第8条「アドバンテージ」を参照
攻撃側Attacking Team: プレーが行われている地点が自陣にある「防御側」の相手側
経過時間Actual Time: 理由の如何に関係なく、「失われた時間」を含む経過時間。
B
「を越えBeyond」、「の後にBehind」、「の前にIn front of」: 文脈上適当でない場合を除き、説明の地点から両足ともに「を越え」、「の後に」、「の前に」ということである。
バインディングBinding: 手から肩までの腕全体を接触させて、他のプレーヤーの肩から腰の間の胴体の部分をしっかりとつかむこと。
ボールキャリアーBall-carrier: ボールを持っているプレーヤー
C
キャバルリーチャージCavalry Charge: 第10条「不正なプレー」を参照
キャプテンCaptain: キャプテンとは、チームにより指名された1名のプレーヤーである。試合中レフリーに意見を求める資格を有するのは唯一キャプテンのみであり、また、レフリーの決定に関連する、プレーの選択についても唯一その責任を負う。
コンバージョンキックConversion Kick: 第9条「得点方法」を参照
コンバートされたConverted: コンバージョンキックが成功すること。
D
デッドDead: この間ボールは競技外にある。ボールが競技区域外に出て戻っていない場合、競技を一時停止するためレフリーが笛を吹いた場合、またはコンバージョンキックが行われた場合に起る。
デッドボールラインDead Ball Line: 第1条「グラウンド」を参照
ドロップアウトDrop Out: 第13条「キックオフと試合再開のキック」を参照
ドロップキックDrop Kick: ボールを手から地上に落とし、最初にはね返ったときに蹴ること。
ドロップゴール Dropped Goal: 第9条「得点方法」を参照
危険なプレーDangerous Play: 第10条「不正なプレー」を参照
防御側Defending Team: プレーが行われている地点が自陣にある側。防御側の相手を「攻撃側Attacking Team」という。
F
フィールドオブプレーField-of-Play: 第1条「グラウンド」を参照
フライングウェッジFlying Wedge: 第10条「不正なプレー」を参照
フランカーFlanker: 通常6番か7番のジャージを着用するプレーヤー。
フリーキックFree Kick: 第21条「ペナルティおよびフリーキック」相手側の反則の後に、反則しなかった側に与えられるキック。他に規定がない限り、反則に対して与えられるフリーキックの地点は反則の地点。
フロントローFront Row Players: 第20条「スクラム」 ルースヘッドプロップ、フッカー、タイトヘッドプロップからなるフォワードプレーヤー。
不正なプレーFoul Play: 第10条「不正なプレー」を参照
G
グラウンディングGrounding the Ball: 第22条「インゴール」を参照
ゴールラインGoal-line: 第1条「グラウンド」を参照
H
ハンドオフ Hand off: ボールキャリアが相手を払いのけようとして手のひらを使って行う行為。
ハーフタイムHalf Time: 試合の前後半の間の休憩時間。
フッカーHooker: 第20条「スクラム」スクラムのフロントローで真ん中のプレーヤー。
最後尾の足Hindmost Foot: スクラム、ラック、モールにおける最後尾のプレーヤーの、自陣ゴールラインに近い方の足。
I
インゴールIn-goal: 第22条「インゴール」を参照
フィールドに向かってIn-Field: タッチからフィールドの方向に向かって。
K
キックKick: 膝とかかとを除いて、足または脚の膝からつま先までの間をボールに当てること。ボールが手の中にある場合でも、またボールが地上にある場合でも、はっきり見えるだけの距離を蹴り進めなければならない。
キックオフKick-off: 第13条「キックオフと試合再開のキック」を参照
ノックオンKnock-on: 第12条「ノックオンまたはスローフォワード」を参照
L
マーク(または地点)を通る線 Line Through the Mark (or Place): 特に他の意味を指示している場合を除き、タッチラインに平行した線。
ラインアウトLine-out: 第19条「タッチおよびラインアウト」
ラインオブタッチLine-of-touch: 第19条「タッチおよびラインアウト」タッチからボールを投入する地点を通り、タッチラインと直角をなす、想定された線。
リフティングLifting: 第19条「タッチおよびラインアウト」
ルースヘッドプロップLoose-head Prop: 第20条「スクラム」 スクラムで左のフロントロープレーヤー。
ロングスローLong Throw: 第19条「タッチおよびラインアウト」
M
マークMark: 第18条「マーク」参照
モールMaul: 第15条「モール」参照
試合主催者Match Organiser: 協会、複数の協会、またはワールドラグビーに加入する組織といった、試合に対して責任のある組織。
N
接近して Near: 1メートル以内。
O
10メートル規則によるオフサイド Off-side the 10 Metre Law: 第11条「一般のプレーにおけるオフサイドとオンサイド」を参照
オフサイド Off-side: 第11条「一般のプレーにおけるオフサイドとオンサイド」を参照
オフサイドラインOff-side Line: 一方のタッチラインから他方のタッチラインへ地面を横切り、ゴールラインに平行な、想定された線。その位置は各条で異なる。
オンサイド On-side: 第11条「一般のプレーにおけるオフサイドとオンサイド」を参照
傷口が開いたり、出血している傷 Open or Bleeding Wound: 第3条「プレーヤーの人数」を参照
妨害 Obstruction: 第10条「不正なプレー」を参照
競技外 Out of Play: これは、ボールまたはボールキャリアーが、タッチまたはタッチインゴールへ出てしまうか、またはデッドボールラインに触れ、もしくは越えたときに起る。
踏み越える Oversteps: プレーヤーの片足または両足が線を踏み越えること。その線とは、例えばゴールラインのような実際の線のことも、オフサイドラインのような想定された線のこともある。
P
パス Pass: プレーヤーが他のプレーヤーにボールを投げること。投げるのではなく手渡した場合もパスである。
パント Punt: ボールを手から落とし、ボールが地面につく前に蹴ること。
ピールオフ Peeling Off: 第19条「タッチおよびラインアウト」
プッシュオーバートライ Pushover Try: 第22条「インゴール」を参照
プレグリップ Pre-gripping: 第19条 「タッチおよびラインアウト」- ラインアウトにおいてボールが投入される前に味方をグリップすること。
プレーされた Played: ボールがプレーヤーに触れられた場合、ボールはプレーされたことになる。
プレーサー Placer: 味方のプレーヤーのキックのため、地上のボールを保持するプレーヤー。
プレースキック Place Kick: プレースキックをするために地上においたボールを蹴ること。
プロップ Prop: 第20条「スクラム」 スクラムの中のフッカーの左側または右側のフロントロープレーヤー。
ペナルティキック Penalty Kick: 第21条「ペナルティおよびフリーキック」相手側の反則の後に、反則しなかった側に与えられるキック。他に規定がない限り、反則に対して与えられるペナルティキックの地点は反則の地点。
ペナルティゴール Penalty Goal: 第9条「得点方法」を参照
ペナルティトライ Penalty Try: 第10条「不正なプレー」を参照
保持 Possession: プレーヤーがボールを持っているときや、チームがボールをコントロールしている場合をいう。例えば、スクラムやラックの片側にボールがある時、そのチームはボールを保持しているという
競技区域 Playing Area: 第1条「グラウンド」を参照
競技場 Playing Enclosure: 第1条「グラウンド」を参照
競技時間 Playing Time: 第5条「試合時間」で定義されている「失われた時間」を除く、実際に競技された時間。
R
ラック Ruck: 第16条「ラック」を参照
レシーバー Receiver: 第19条「タッチおよびラインアウト」を参照
レッドカード Red Card: 赤色のカード。第10条「不正なプレー」の競技規則に反し、退場を命じられたプレーヤーに示される
レフリー Referee: 第6条「マッチオフィシャル」を参照
交替 Replacements: 第3条「プレーヤーの人数」を参照
反則を繰り返すこと Repeated Infringements: 第10条「不正なプレー」を参照
S
シン・ビン Sin Bin: 一時的退出を命じられたプレーヤーが、競技時間10分の間留まるべき指定区域。
スクラム Scrum: 第20条「スクラム」双方からプレーヤーが集まり、スクラムフォーメーションを作り、中にボールを投入することでプレーが始まる
スクラムハーフ Scrum Half: スクラムにボールを投入する役目のプレーヤー。
入替え Substitutes: 第3条「プレーヤーの人数」を参照
罰 Sanction: 反則をしたプレーヤーまたはチームに対してレフリーが課す懲罰
T
22メートル区域 The 22: 第1条「グラウンド」を参照
スローフォワード Throw-forward: 第12条「ノックオンまたはスローフォワード」を参照
タイトヘッドプロップ Tight-head Prop: 第20条「スクラム」 スクラムで右のフロントロープレーヤー。
タックル Tackle: 第15条「タックル」を参照
タッチ Touch: 第19条「タッチおよびラインアウト」を参照
タッチインゴールライン Touch-In-Goal Line: 第1条「グラウンド」を参照
タッチジャッジ Touch Judge: 第6条「マッチオフィシャル」を参照
タッチダウン Touch Down: 第22条「インゴール」を参照
タッチライン Touch-line: 第1条「グラウンド」を参照
トライ Try: 第9条「得点方法」を参照
一時的退出 Temporarily Suspended: 第10条「不正なプレー」を参照
味方のプレーヤー Team-mate: 同一チームの別のプレーヤー。
図 The Plan: 第1条「グラウンド」を参照
投入 Throw-in: スクラムまたはラインアウトへのボールの投入。
U
アンコンテストスクラム Uncontested Scrum: アンコンテストスクラムが通常のスクラムと異なる点は、ボールを取り合わない、ボール投入側が必ずボールを獲得する、双方ともスクラムを押してはならない、という点である。
協会 Union: その試合の監督権を有する統括団体。国際試合で行われる試合では、ワールドラグビー、あるいはその委員会を指す。
Y
イエローカード Yellow Card: 黄色のカード。警告を与えられ、競技時間10分の一時的退出を命じられたプレーヤーに示される。