当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

競技規則2018年版は現在制作中です。

競技規則は、2018年版からシンプルになり、再編されました。ワールドラグビーは、この新しい内容を様々な言語で展開していく予定です。選択された言語は、残念ながらまだ用意できていません。しばらくの間、2017年版の競技規則サイトをご覧ください。

競技規則2017年版を見る

無謀な、および、意図的ではないタックル
2016年11月

無謀なタックル

タックルをしているとき、または、タックルをしようとしているとき、あるいは、その他のフェーズのときに、接触をするときに相手の頭部に接触する危険があることをわかっていた、または、わかっているべきであったのに、いずれにせよそうした場合、そのプレーヤーは無謀な接触を行ったとみなされる。この時の罰は、肩の線より下から入ったタックルにも適用される。このような接触は、たとえ肩の線より下からの接触だとしても、頭部/頸部の周辺をつかんだり、回したり、巻きついたりする行為もあてはまる。

も軽い罰: イエローカード

最も重い罰:レッドカード

意図的ではないタックル

タックルをしているとき、または、タックルをしようとしているとき、あるいは、その他のフェーズのときに他のプレーヤーに接触する際に相手の頭部に意図的ではない接触をした場合、それが直接であっても、肩の線より下から入ったタックルであっても、そのプレーヤーは罰せられる場合がある。ボールキャリアーがタックルが起きるときに身を低くするような状況も含む。

も軽い罰: ペナルティ

例: ペナルティのみ

協力: BBC

協力: RTE

例: イエローカード

協力: Sky Sports

協力: Canal+

例: レッドカード

協力: RTE

協力: Sky Sports