当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

競技規則2018年版は現在制作中です。

競技規則は、2018年版からシンプルになり、再編されました。ワールドラグビーは、この新しい内容を様々な言語で展開していく予定です。選択された言語は、残念ながらまだ用意できていません。しばらくの間、2017年版の競技規則サイトをご覧ください。

競技規則2017年版を見る

10 オープンプレーにおけるオフサイドとオンサイド

    原則

    競技は、オンサイドの位置にいるプレーヤーのみでプレーされる。

    オープンプレーにおけるオフサイドとオンサイド

  1. オープンプレーでは、ボールを持っている、または、最後にプレーした味方の前方にいるプレーヤーはオフサイドである。オフサイドのプレーヤーは、プレーを妨げてはならない。これには、以下を含む:
    1. ボールをプレーする。
    2. ボールキャリアーをタックルする。
    3. 相手がしたいと思うプレーをさせない。
  2. プレーヤーは、競技区域内のいずれの場所でもオフサイドとなりうる。
  3. 故意ではないスローフォワードを受け取ったプレーヤーは、オフサイドとはならない。
  4. オフサイドのプレーヤーは、以下の場合、反則を適用される:
    1. プレーを妨げた; または、
    2. ボールに向かって前進した; または、
    3. ボールを蹴った味方の前方にいて、フィールドを横切ってボールがキャッチされた、または、地面に着いた地点からそのプレーヤー側に10メートル離れた想定上のラインまでただちに後退しなかった。ボールがゴールポスト、または、クロスバーに当たったとしても同様である。プレーヤーが複数いた場合は、ボールがキャッチされた、または、地面に着いた地点に最も近いプレーヤーが反則の対象となる。これが「10メートル規則」であり、ボールが相手側のプレーヤーに触れる、または、プレーされるがキックがチャージダウンされなかった場合も適用される。
      罰:反則をしていないチームは、以下のいずれかを選択することができる:
      1. 反則の地点でのペナルティ
      2. 反則をしたチームが最後にボールをプレーした地点でのスクラム
  5. プレーヤーがやむなく、ボール、または、ボールキャリアーに触れてしまった場合は、アクシデンタルオフサイドである。反則をした側のチームが利益を得る場合のみ、プレーが停止される。 罰:スクラム
  6. 競技規則10.4 (c) を除き、オフサイドのプレーヤーは、以下の場合オンサイドになりうる:
    1. そのプレーヤーが:
      1. ボールを最後にプレーした味方の後方へ後退する;または、
      2. オンサイドの位置にいる味方の後方へ後退する
    2. オンサイドの位置にいるそのプレーヤーの味方が、オフサイドのプレーヤーを追い越し、競技区域内にいる、または、再び入る。
    3. そのプレーヤーの相手側のプレーヤーが:
      1. ボールを持って5メートル動いた;または、
      2. ボールをパスした; または、
      3. ボールを蹴った; または、
      4. ボールを獲得することなく、故意にボールに触れた
  7. 競技規則10.4 (c)によりオフサイドのプレーヤーは、チャージダウンを除き、相手側のプレーヤーのいかなる行為によってもオンサイドとはならない。
  8. 味方の行為によりオンサイドになるプレーヤー
    相手の行為によりオンサイドになるプレーヤー

    ラック、モール、スクラム、ラインアウトからの後退

  9. ラック、モール、スクラム、または、ラインアウトにおいてオフサイドのプレーヤーは、ラック、モール、スクラム、ラインアウトが終了しても、オンサイドにはならない。
  10. プレーヤーがオンサイドになりうるのは、以下の場合のみである:
    1. そのプレーヤーが、自分に適用されているオフサイドラインの後方にただちに退いた;または、
    2. 相手側のプレーヤーが、いずれの方向であれ、ボールを5メートル持って動いた;または、
    3. 相手側のプレーヤーがボールを蹴った。
  11. オフサイドプレーヤーは、以下のことをしたら、罰せられる場合がある:
    1. 過度の遅滞なく後退せず、より有利な位置でオンサイドになることで利益を得た。
    2. プレーを妨げた;または、
    3. ボールに向かって前進した。
    4. 罰:ペナルティ