当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

11 ノックオンまたはスローフォワード

    ノックオン

  1. ノックオンは、競技区域内のどの場所でも起こりうる。
  2. プレーヤーが、相手側のプレーヤーにタックルをしている、または、しようとしている時にボールに触れ、ボールが前に落ちたら、ノックオンである。 罰:スクラム(ボールがタッチに出た場合、反則をしていないチームが、クイックスロー、または、ラインアウトの代わりに選択できる)。
  3. プレーヤーは、手や腕を使って故意にボールを前にノックしてはならない。 罰:ペナルティ
  4. プレーヤーがボールをキャッチしようとした際にノックオンした場合、そのプレーヤーがボールを獲得できたであろうという合理的な予測があったのであれば、故意のノックオンとはならない。
  5. 以下の場合はノックオンではなく、プレーは継続される:
    1. プレーヤーが、相手側のプレーヤーがボールをキックした直後にボールを前方へノックした(チャージダウン)。
    2. プレーヤーが相手側のプレーヤーからボールをもぎ取ったりノックしたりして、ボールがその相手側プレーヤーの手、または、腕から前方に転がった。
    ノックオン
    チャージダウン

    スローフォワード

  6. スローフォワードは、競技区域内のどの場所でも起こりうる。 罰:スクラム
  7. プレーヤーは、ボールを故意に前方へ投げたり、パスしたりしてはならない。 罰:ペナルティ