当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

12 キックオフと試合再開のキック

    原則

    キックオフは、試合の各ハーフ、または、延長時間の開始時に用いられる。

  1. キックオフと試合再開のキックはすべて、ドロップキックである。 罰:キックした側ではない方のチームに、キックのやり直し、または、スクラムの選択肢が与えられる。
  2. キックオフ

    得点後のキックオフ、および、試合再開のキック

  3. キックオフは、ハーフウェイライン上の中央、または、その後方から行われる。 罰:キックした側ではない方のチームに、キックのやり直し、または、スクラムの選択肢が与えられる。
  4. 試合開始時にキックオフを行った相手側のチームが、後半を開始する。
  5. 一方のチームが得点した後、相手側は、ハーフウェイライン上の中央、または、その後方から行われる。 罰:キックした側ではない方のチームに、キックのやり直し、または、スクラムの選択肢が与えられる。
  6. ボールがキックされたら:
    1. キッカーの味方は、ボールの後方にいなくてはならない。 罰:スクラム
    2. 相手側のプレーヤーは、10メートルライン上、または、その後方にいなくてはならない。 罰:キックのやり直し
  7. ボールは、10メートルラインに達しなくてはならない。 罰:キックした側ではない方のチームに、キックのやり直し、または、スクラムの選択肢が与えられる。
  8. ボールが10メートルラインに達したが風で吹き戻された、または、10メートルラインに達する前に相手側がボールをプレーした場合、プレーは継続される。
  9. ボールが直接タッチになった場合、ボールを蹴らなかった側のチームが、以下のいずれかを選択する:
    1. キックのやり直し
    2. スクラム
    3. ラインアウト
    4. クイックスロー
  10. 蹴られたボールが、プレーヤーに触れることなく相手側のインゴールに入り、相手側のプレーヤーがそのボールを遅滞なくグラウンディングした、または、インゴールを通ってデッドとなった場合、ボールを蹴らなかった側のチームがキックのやり直しかスクラムの選択肢を与えられる。
  11. 蹴られたボールが、蹴った側のチームのインゴールに入り、防御側のプレーヤーによりデッドとなった、または、インゴールを通ってデッドとなった場合、ボールを蹴らなかった側のチームに5メートル地点でのスクラムが与えられる。
  12. タッチダウン後の試合再開のキック(22メートル地点でのドロップアウト)

  13. キックオフ、または、試合再開のキックを除き、攻撃側のプレーヤーによってボールがプレーされた、または、インゴールに入れられ、相手側のプレーヤーによってデッドにされた場合、22メートル地点でのドロップアウトによってプレーが再開される。
  14. 22メートル地点でのドロップアウトは:
    1. 防御側のチームの22メートルライン上、または、その後方の任意の地点から行う。 罰:スクラム
    2. 遅滞なく行われなくてはならない。 罰:フリーキック
    3. 22メートルラインを越えなければならない。 罰:キックした側ではない方のチームに、キックのやり直し、または、スクラムの選択肢が与えられる。
    4. 直接タッチになってはならない。 罰:相手側のチームが、以下のいずれかを選ぶ:
      1. ドロップアウトのやり直し; または、
      2. スクラム; または、
      3. ラインアウト; または、
      4. クイックスロー
  15. 相手側のプレーヤーは、ボールが蹴られる前に22メートルラインを越えてチャージしてはならない。 罰:フリーキック
  16. キッカー側の22メートルラインの内側にいる相手側のプレーヤーは、ドロップアウトを遅らせたり、妨害したりしてはならない。 罰:ペナルティ
  17. ボールが22メートルラインを越えたが風で吹き戻された場合、プレーは継続される。
  18. ボールが22メートルラインを越えなかった場合、アドバンテージが適用される。
  19. 22メートル地点でのドロップアウトが、プレーヤーに触れることなく相手側のインゴールに入り、相手側のプレーヤーがそのボールを遅滞なくグラウンディングした、または、タッチインゴールに入った、または、デッドボールラインを越えた場合、ボールを蹴らなかった側のチームがキックのやり直しかスクラムの選択肢を与えられる。
  20. キッカーの味方は、ボールが蹴られるとき、その後方にいなくてはならない。ボールが蹴られる際にボールの前にいる味方は、後退して、味方の行為により自分がオンサイドになるまでプレーを妨げない限り、罰せられることがある。 罰:スクラム
  21. ドロップアウト