当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

13 オープンプレーにおいて地面に横たわっているプレーヤー

    原則

    競技は、立っているプレーヤーによってのみプレーされる。

  1. ボールを獲得しようとして地面に倒れた、または、ボールを持って地面に倒れたプレーヤーは、ただちに以下のことをしなくてはならない:
    1. ボールを持って立ち上がる;または、
    2. ボールをプレーする(ただし、蹴らない); または、
    3. ボールを放す
    4. 罰:ペナルティ
  2. ボールがプレーされた、または、放されたら、地面に横たわっているプレーヤーは、ただちにボールから離れるか、立ち上がらなければならない。 罰:ペナルティ
  3. ボールがないのに地面に横たわっているプレーヤーはプレーできず、以下のことをしなければならない:
    1. 地面に横たわっていない相手側に、ボールをプレーさせる、または、獲得させる
    2. ボールをプレーしない
    3. 相手にタックルをしたり、しようとしたりしない
    4. 罰:ペナルティ
  4. 立っていてボールを持っていないプレーヤーは、ボールを持ちながら、または、ボールの近くで地面に横たわっているプレーヤーの上に、または、そのプレーヤーに被さって倒れ込んではならない。 罰:ペナルティ
  5. いずれのプレーヤーもタックルされたプレーヤーの上に、または越えて倒れ込んではならない。