当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

競技規則2018年版は現在制作中です。

競技規則は、2018年版からシンプルになり、再編されました。ワールドラグビーは、この新しい内容を様々な言語で展開していく予定です。選択された言語は、残念ながらまだ用意できていません。しばらくの間、2017年版の競技規則サイトをご覧ください。

競技規則2017年版を見る

16 モール

    原則

    モールの目的は、プレーヤーに地面についていないボールを争奪させることである。

    モール

    モールの形成

  1. モールは、フィールドオブプレー内でのみ行われる。
  2. モールは、ボールキャリアーと各チームから少なくとも1名ずつのプレーヤーが互いにバインドし、立ったままの状態になることで成立する。
  3. 形成されたモールは、ゴールラインの方向へ前進していかなくてはならない。
  4. モールは形成されていない

    モールでのオフサイド

  5. 各チームに、自チームのゴールラインに一番近いモールの参加者の最後尾の足を通るゴールラインと平行なオフサイドラインがある。その足がゴールライン上、または、ゴールラインの後方にある場合、そのチームのオフサイドラインはゴールラインとなる。
  6. プレーヤーは、オンサイドの位置からモールに参加するか、ただちにオフサイドラインの後方へ下がらなければならない。 罰:ペナルティ
  7. モールから離れたプレーヤーは、ただちにオフサイドラインの後方へ下がらなければならない。モールに再び参加してもよい。 罰:ペナルティ
  8. モールへの参加

  9. モールに参加するプレーヤーは、以下のことをしなくてはならない:
    1. オンサイドの位置から参加する。
    2. モールの中の最後尾のプレーヤーにバインドする。
    3. 罰:ペナルティ
    4. 頭と肩を腰よりも低くしてはならない。 罰:フリーキック

    モールの最中

  10. モールの中にいるボールキャリアーは、ボールをただちにプレーできるようにするのであれば、地面に倒れてもよい。 罰:スクラム
  11. モールの中にいるその他のプレーヤーは全員、立ったままでいようと努めなければならない。
  12. モールの中にいるプレーヤーは全員、モールの中に引き込まれているか、バインドされていなければならない。
  13. プレーヤーは、以下のことをしてはならない:
    1. モールを故意に崩す、または、モールの上に飛び乗る。
    2. 相手側のプレーヤーをモールから引きずり出そうとする。
    3. 罰:ペナルティ
    4. モールがまだ終了していないのに、相手に終了したと思わせるような行為をする。 罰:フリーキック
  14. モールの中で、ボールを保持していないチームのプレーヤーが、故意にモールから離れ、そのチームのプレーヤーがモールの中に誰もいなくなった場合、モールは継続される。
  15. モールの中で、ボールを保持していないチームのプレーヤーが全員、故意にモールから離れた場合、最初のプレーヤーがボールを保持しているチームの最前列のプレーヤーにバインドすれば、モールに再び参加してよい。 罰:ペナルティ
  16. モールのゴールラインの方向への前進が止まり、5秒以上経過したが、ボールは移動していてレフリーが目でそれを確認できる場合、レフリーはプレーヤーにボールを動かすよう指示する。ボールを保持しているチームは、適切な時間内にボールを動かす。 罰:スクラム
  17. モールのゴールラインの方向への前進が止まった場合、5秒以内であれば、再びボールをゴールラインの方向へ前進させてもよい。モールが再び止まったが、ボールは移動していてレフリーが目でそれを確認できる場合、レフリーはプレーヤーにボールを動かすよう指示する。ボールを保持しているチームは、適切な時間内にボールを動かす。 罰:スクラム
  18. モールの終了

  19. 以下の場合、モールは終了し、プレーは継続される:
    1. ボールがモールから出るか、ボールキャリアーがモールを離れた。
    2. ボールが地面についた。
    3. ボールがゴールライン上、または、ゴールラインを越えた。
  20. 以下の場合、モールは不成功に終了する:
    1. ボールがアンプレアブルとなる。
    2. モールが崩れる(不正なプレーの結果ではなく)。
    3. モールが5秒以上ゴールラインの方向へ前進せず、ボールが出てこない。
    4. ボールキャリアーが地面に倒れ、ボールがすぐにプレーできる状態にならない。
    5. ボールがプレーできる状態となり、レフリーは「ユーズイット」とコールしたが、コールから5秒以内にボールがプレーされなかった。
    6. 罰:スクラム
  21. オープンプレーにおける相手のキックをプレーヤーが直接キャッチした後ただちに、モールが形成された場合、上記のいずれかの理由により与えられたスクラムは、ボールをキャッチしたプレーヤーのチームに与えられる。