当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

定義
「チーム A Team」とは、試合を開始する15名のプレーヤーと、交替/入替えとして認められているプレーヤーからなる。
「交替のプレーヤー Replacement」負傷した味方のプレーヤーと交替するプレーヤー。
「入替えのプレーヤー Substitute」戦術的理由で味方のプレーヤーと入替わるプレーヤー。
3.1 競技区域における、プレーヤーの最大人数

両チームとも、プレー中に競技区域内にいるプレーヤーの人数は、15名を超えてはならない。

標準競技規則
3.2 認められた人数以上のプレーヤーからなるチーム
いずれのチームも、相手側のプレーヤーの人数について、試合前、試合中のいつでもレフリーに異議を申し立ててよい。レフリーは、プレーヤーの人数が多すぎると認めれば直ちに、そのチームのキャプテンに適切な人数に減らすよう命ずる。ただし、申し立てた時点での得点は変わらない。

罰:次に試合の再開される地点でペナルティキック。

3.3 15名未満のプレーヤーによる試合

協会は 、1チームにつき15名より少ないプレーヤーによる試合を許可することができる 。この場合 、スクラムにおいて常に1チームにつき少なくとも5名のプレーヤーが参加しなければならないとする以外は 、本競技規則がすべて適用される 。

例外:7人制の試合は例外とし、「7人制標準競技規則」による。
3.4 交替/入替えのプレーヤーとして指定されたプレーヤー

(a)

国の代表で行われる試合においては、協会が指定する交替/入替えのプレーヤーの数は8名以内とする。

(b)

その他の試合においては、交替/入替えのプレーヤーの数は最大8名までとし、その試合を管轄する協会、または、試合主催者が決定する。

(c)

協会(試合または大会が2つ以上の協会のチーム間で行われている場合は、複数の協会)は、交替/入替えの人数を何名指名するか、決定することができる。ただし、最大8名までとする。

(d)

フロントローについては3名まで(3名となる場合は競技規則3.5 (b)および(c)に基づく)、その他のプレーヤーについては5名まで、入れ替えることができる。

(e)

入替えは、ボールがデッドになったときに、レフリーの許可を得て行う。

標準競技規則
3.5 フロントロー - 交替/入替え

(a)

すべてのフロントローとフロントローの交替要員が適切に訓練されているようにするのは、チームの責任である。プレーヤーがフロントローをプレーするのに適切に訓練されているかどうか判断するのは、レフリーではない。

(b)

以下の表は、スコッドの人数に対するフロントローの最低人数と、交替における最低要件を示している:

スコッドの人数
スコッドにおけるフロントローの最低人数
最初の交替のとき、以下と交替できる者であること
15名以下

3名

16名から18名

4名

プロップ、または、フッカーのどちらか

19名から22名

5名

プロップ、または、フッカーのどちらか

23名

6名

ルースヘッドプロップ、タイトヘッドプロップ、および、フッカー

協会は、プレーヤーウェルフェアを考慮して、自国の管轄内での特定のレベルの競技において、スコッドに対するフロントローの最低人数、および、交替における最低要件を変更することができる。

協会/試合主催者がスコッドの人数を23名に決めたが、一方のチームがフロントローの交替要員を2名しか出せない場合、そのチームは、スコッドを22名だけ指名すればよい。

(c)

試合前、各チームはレフリーに自チームのフロントローおよびフロントローの交替要員を申告せねばならず、それらのプレーヤーのみが、コンテストスクラムを行う際にフロントロープレーヤーとしてプレーすることができる。

(d)

フロントローの交替要員は、他のポジションで試合に出場してもよい。

標準競技規則
3.6 アンコンテストスクラム

(a)

一方のチームが適切に訓練されたフロントローを出すことができない、または、レフリーが指示した場合、スクラムはアンコンテストスクラムとなる。

(b)

協会/試合主催者は、試合をアンコンテストスクラムで開始、または、継続するかどうか決めることができる。

(c)

フロントローが、負傷、一時的退出、または、退場によって競技区域を離れた場合、レフリーはその際、チームに対して、コンテストスクラムを続けられるかどうか確認する。もしコンテストスクラムができないと申告されたら、レフリーはアンコンテストスクラムを命じる。プレーヤーが戻った、あるいは、他のフロントローが出てきた場合は、コンテストスクラムを再開する。

(d)

スコッドの23名の中で、あるいは、協会/試合開催者の判断により、自分が離れることによってレフリーがアンコンテストスクラムを命じることとなったプレーヤーは交替不可である。

(e)

可能であれば、チームは常に、フロントローに入替え要員のフロントロープレーヤーを3名置かなければならない。アンコンテストスクラムにおいては、フロントローの交替または入替え要員がいない場合のみ、他のプレーヤーがフロントローとしてプレーすることが許される。

(f)

フロントローが一時的退出となった結果、出場可能なフロントローが入ることができるよう、チームが競技区域を離れる他のプレーヤーを指名しなくてはならなくなった場合、指名されたプレーヤーは、一時的退出が終了するまで戻ってはならない。

(g)

フロントローが退場となった結果、出場可能なフロントローが入ることができるよう、チームが競技区域を離れる他のプレーヤーを指名しなくてはならなくなった場合、指名されたプレーヤーは、交替/入替えとみなされる。

試験実施ルール

(h)

退場、一時的退出、または、負傷によるアンコンテストスクラムは、両チーム8名ずつで行われなければならない。

3.7 不正なプレーによる退場

不正なプレーにより退場させられたプレーヤーに対して、交替や入替えをしては ならない。その例外に関しては、第3条5を参照。

3.8 正式の交替

プレーヤーが負傷した場合には交替してよい。正式な選手交替となった場合には、その負傷したプレーヤーは、その試合に再び加わってプレーしてはならない。負傷交替は、ボールがデッドになったときにレフリーの許可を得ておこなわねばならない。

3.9 正式な選手交替の決定

(a)

国の代表チームが行う試合では、医師の意見に基づき 、その負傷したプレーヤーがプレーを続けない方がよいとされたとき、初めて交替してよい 。

(b)

その他の試合については、協会が明確な許可を与えた場合に限り、医務心得者の勧告があった場合に、負傷したプレーヤーを交替してよい。医務心得者不在の際は、レフリーの同意による。

3.10 負傷したプレーヤーのプレーの継続を停止するレフリーの権限

医師または他の医務資格者の勧告の有無にかかわらず、レフリーがそのプレーヤーがプレーを続けることを停止すべきであると判断した場合には、負傷したプレーヤーを競技区域より外へ出すよう命じることができる。またレフリーは医務検査を受けるようプレーヤーを競技区域外へ出すことができる。

3.11 一時的交替 - 出血を伴う負傷

(a)

プレーヤーが抑えられない出血を伴う負傷をした場合(出血を伴う負傷)、そのプレーヤーの一時的交替を認める。負傷したプレーヤーは、出血が抑えられたら、および/または、覆われたらただちに、プレーに戻らなければならない。一時的に交替されたプレーヤーが競技区域から出て経過時間15分以内にフィールドオブプレーに戻ることができない場合、一時的交替をしたプレーヤーは正式な交替となる。元の一時的に交替されたプレーヤーはフィールドオブプレーに戻ってはならない。

(b)

国際試合では、一時的交替が必要な出血を伴う負傷かどうかを、マッチデー・ドクターが判断する。

(c)

出血を伴う負傷ではない軽い切り傷や擦り傷は、他の理由でプレーが停止した際に処置されるべきものである。

(d)

一時的交替をしたプレーヤーが負傷した場合には、さらに交替を認める。

(e)

一時的に交替をしたプレーヤーが不正なプレーにより退場となった場合には、元の一時的に退出していたプレーヤーは再度競技区域に戻ってはならない。

(f)

交替したプレーヤーが一時的退出(シン・ビン)を命じられた場合、一時的に退出していた元のプレーヤーは、一時的退出(シン・ビン)が終了するまで競技区域に戻ることができない。

3.12 一時的交替 -頭部外傷の評価

試合中のいかなる時点であっても、脳振盪を起こした、または、脳振盪の疑いがあるプレーヤーが出た場合、そのプレーヤーは、ただちにフィールドオブプレーから離れ、戻ってはならない。これが、「識別」と「退出」である。

頭部外傷の評価、および、この一時的交替の手順の使用をワールドラグビーが事前に承認した成人のエリートレベルの試合に限り(競技に関する規定10.1.4および10.1.5に準ずる)、頭部外傷の評価を受けるプレーヤーは:

  • フィールドオブプレーから離れなければならない;、および、
  • 一時的交替を適用される(交替/入替えのプレーヤーがすべて出場してしまっていても)

これにより、脳振盪を起こしているのか、あるいは、脳振盪の疑いがあるのか、また、フィールドオブプレーかに戻すべきではないかどうか、一見してわからないプレーヤーを評価することができる。

そのようなプレーヤーが一時的交替となったとき:

(a)

そのプレーヤーが、頭部外傷の評価を受けるためにフィールドオブプレーを離れてから10分以内(実時間)にタッチライン上でマッチオフィシャルのもとへ行かなかった場合、その交替は自動的に正式なものとなり、一度下がったプレーヤーは、フィールドオブプレーに戻ってはならない。

(b)

ハーフタイムが始まる10分前以内に一時的交替が行われた場合 、一度下がったプレーヤーが後半開始後すぐにフィールドオブプレーに戻らなければ 、その交替は正式なものとなる 。

(c)

一時的交替により出場しているプレーヤーに対しても、頭部外傷の評価が必要となれば、さらなる一時的交替を適用することができる(交替/入替えのプレーヤーがすべて出場してしまっていても)

(d)

一時的交替により出場しているプレーヤーが不正なプレーによって退場となった場合、交替されたプレーヤーもフィールドオブプレーに戻ることはできない。ただし、競技規則3.5(「フロントロー – 交替/入替え」)、および、3.14( 「入替わったプレーヤーが再度試合に加わること」)に従った場合を除き、また、戻る際は、そのプレーヤーが医学的に戻ってよいと認められ、頭部外傷の評価を受けるためにフィールドオブプレーを離れてから10分以内(実時間)にタッチライン上でマッチオフィシャルのもとへ行った場合に限る。

(e)

一時的交替により出場しているプレーヤーが、警告を受け、一時的退出を命じられた場合、交替されたプレーヤーも、一時的退出の時間が終わるまでフィールドオブプレーに戻ることはできない。ただし、競技規則3.5(「フロントロー – 交替/入替え」)、および、3.14( 「入替わったプレーヤーが再度試合に加わること」)に従った場合を除き、また、戻る際は、そのプレーヤーが医学的に戻ってよいと認められ、頭部外傷の評価を受けるためにフィールドオブプレーを離れてから10分以内(実時間)にタッチライン上でマッチオフィシャルのもとへ行った場合に限る。

標準競技規則
3.13 再度試合に戻ることを望むプレーヤー

(a)

抑えられない出血を伴う負傷をしたプレーヤーは、競技区域から退出しなければならない。出血がおさまり傷口が覆われるまで戻ってはならない。

(b)

負傷またはその他の理由により退場したプレーヤーは、レフリーから戻る許可を受けるまで再び試合に加わってはならない。レフリーは、ボールがデッドになるまで試合に加わらせてはならない。

(c)

レフリーの許可を受けることなく、そのプレーヤーが再び試合に加わり、または、交替/入替えのプレーヤーが試合に加わり、レフリーがその行為を、味方を助ける、あるいは、相手側を妨害するものであるとみなした場合、不行跡として罰を科す。

罰:次に競技が再開される予定の地点でペナルティキック。

3.14 入替わったプレーヤーが再度試合に加わること

プレーヤーが入れ替わった場合、そのプレーヤーは、以下のプレーヤーと代わる場合に限り、プレーに戻ることができる:

  • 競技規則3.5に従って、負傷したフロントロープレーヤー
  • 競技規則3.11に従って、出血を伴う負傷をしたプレーヤー
  • 競技規則3.12に従って、頭部外傷の評価を受けるプレーヤー
  • 不正なプレーの結果、負傷したプレーヤー(マッチオフィシャルが確認した上で)
標準競技規則
3.15 自由入替え制 (Rolling substitutions)

協会は、その管轄する特定のレベルの競技において、「自由入替え制 (Rolling Substitutions)」を実施することができる。入替えの回数は、12回を超えてはならない。入替えの管理と規則は、その管轄権を有する協会の責任である。