当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

現行のルールの重視事項
2018年10月

2018年9月の会議においてワールドラグビーのラグビーコミッティーは、不正なプレーに関する競技規則の一部についてマッチオフィシャルによる重点的な適用の必要があるという決定をいたしました:

不正なプレー

ハイタックル、および、首へのコンタクト – 競技規則9.13/9.20

タックルにおいてもクリーンアウトにおいても、現行の競技規則により:

プレーヤーは、相手側のプレーヤーに対して、肩の線よりも上に接触してはならない。

頭部や頸部を故意につかむ、または、絞める行為があった場合は必ず、その反則を行ったプレーヤーは、イエロー、または、レッドカードを受けるリスクを冒すこととなる。

頭部への接触と頸部の周辺に対するクリーンアウトは、必ず罰せられる

マッチオフィシャルは、不正なプレーがしっかりと罰せられ、プレーヤーのウェルフェアが最優先されるよう、一体となって連携するべきである。

ハイタックル

首へのコンタクト